ハイヒールの痛みについて

スポンサーリンク

▼今だけのお得情報!▼

悩み・美容・ダイエットに関する情報は使用した方の使用感やポイントを参考にしたいものですよね。

実際に使用した経験のある方や実践をした方から頂いた情報を元に記事としてご紹介して行きたいと思います。

私の悩み体験談

ハンドルネーム:コツコツ・43歳

デートや女子会、仕事ではスーツ。

女性はかかとの高い靴を履くと、ファッションも決まり、背筋も伸びて気分も上がりますよね。でも、どうしても体重がつま先にかかり、何時間も歩く方にとっては悩みは尽きません。

足の裏のまめ、足の指のつり、爪のくいこみなど、私もとても痛い思いを繰り返してきました。

そこで、痛みそうだな?疲れそうだな?

と、思う前の日などに、準備しておくものをお勧めします。

靴の中敷きお気に入りの靴の中は、低反発などになっていない場合がありますよね。

そこで、100均で自分仕様に柔らかくカスタマイズしてしまうのも手です。

財布や定期入れに絆創膏はもちろん、湿布薬を小さく切って2枚ほど持っていると助かります。

もちろん、大きなものを持っていれば楽ですが、クラッチバックなどは荷物を少なくしたいですね。

かかとの靴ずれ ティッシュペーパーのビニールをはさむ。これはテレビで知りました。

傷パワーパットに頼る。700円ほどなので、ドラッグストアの棚を比べてみてください。

すでに治療費の心配が始まります・・・。タクシーがいいでしょうか? これだけ用意すればどこあまにでも歩いて行けそう!と思っているあなた!

まだまだ甘いです。女はヒールのために、運動を毎日毎日するんですよ!

まずはウォーキング。ダイエットにもつながり、体重を軽くすれば、つま先にかかる力が軽減されます。

お気に入りのスニーカーを履き、さあ!歩きに行きましょう。タオルを首に掛ければ、ウォーキングのスタイル完成です。交通ルールを守ってまずは20分、歩いているとランナーズハイならぬウォーキングハイになり、はりきりすぎておでかけの当日疲れないように気を付けてください。

すると、スニーカーを選ぶのも楽しくなってきます。

小川町のスポーツ用品店でスポーツの経験のあるかたに、聞きながら買い、歩くコツを教えてもらえました。

「かかとからドスンと歩き始めるのではなく、スッと足をかるく平らに落としてもいいんですよ。外側に力が抜けていくのはダメで、親指に抜けていればいいんですよ。」

転ばないように筋肉プラス、歩くコツを普段からつけておくのも大切ですね。

さいごに

投稿していただきありがとうございます。

ご紹介した内容は実際に使用した方や実践した方からの投稿を元に記事作成をしております。使用感や効果は個人の感想になりますのでご了承ください。

▼最新記事をメルマガで配信▼


 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です