いきなりやってくるフローズンショルダーの乗り越え方

スポンサーリンク

▼今だけのお得情報!▼

悩み・美容・ダイエットに関する情報は使用した方の使用感やポイントを参考にしたいものですよね。

実際に使用した経験のある方や実践をした方から頂いた情報を元に記事としてご紹介して行きたいと思います。

私の悩み体験談

ハンドルネーム:ゆり子・54歳

二年ほど前の事でした。
朝起きると激しい痛みが肩にあり、整形外科で診察を受けました。

老化が原因で肩の関節を包む膜が萎縮して神経に当たり激しい痛みが生じるのです。

欧米などではフローズンショルダー(凍結肩)とも呼ばれているようです。日本で言う五十肩です。

痛いからと言ってじっとしていると関節が固まってしまいますから一日一回は動かさなくてはいけません。痛みの強さは人によっても違いがあります。

私の場合は両肩で左肩より右肩が重症でした。

三か月ほどすると左肩はほとんど症状が治まりましたが右肩は顔を洗う事さえできなくなりました。

痛みは注射や薬で緩和できますが私にはあまり効果はありませんでした。

痛みは昼間だけでなく夜も眠れなくなりました。

腕が下がると痛みが増すので天井から吊るしてほしいとさえ思うほどでしたが、抱き枕を使うことで腕が下がらなくなり痛みが軽減されました。

バスタオルも細かい角度を調節するのに便利です。いろいろ調べているうちに穀物カイロの遠赤外線効果が良いことがわかりました。

早速レンジで2分ほど温めて患部に当てるとじんわりと気持ちがいいのです。

まるで痛みを押し出してくれるような感覚で心も生き返ったようでした。

カイロで温めてから関節を動かす運動をすると何もしないより痛みが少なく楽になります。

夜は抱き枕と温めた穀物カイロを肩の下に置いて眠りました。半年ほど経つと痛みのピークは過ぎてきましたが少し無理をするとすぐに逆戻りして、いつになったら治るのかと不安は大きくなります。

あまり長く痛みが続くのでうつ状態になる人もいます。

「いつの間にか治っている。」「必ず良くなるから大丈夫。」

などと励ましてもらっても本人には辛く長い毎日なのです。

ところが同じ症状に悩む人は結構周りにいるものです。私の場合、同級生や年の近い友達が同じように悩んでいることがわかりました。

いいグッズがあると教えてもらったり、この方法は良かったとかの情報を交換し合ったりしているうちに心が楽になりました。痛みを忘れられる日が来るまでできるだけ明るく乗り越えていきたいものです。

さいごに

投稿していただきありがとうございます。

ご紹介した内容は実際に使用した方や実践した方からの投稿を元に記事作成をしております。使用感や効果は個人の感想になりますのでご了承ください。

▼最新記事をメルマガで配信▼


 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です