唇の荒れる原因は意外な〇〇?荒れ対策で知っておきたい7つのポイントを解説

スポンサーリンク

▼今だけのお得情報!▼

唇が荒れて喋るときや食事の時にストレスを感じていませんか?

寒くなり空気が乾燥してくるとどうしても起こるトラブルの一つ。

唇の荒れ

は季節的な原因として考えてしまいがちです。

生活の中で「人と話す」・「食事をする」など口は動くことが多い部分です。

唇が荒れてしまったら、治りにくい部分なので非常に厄介なので今回は唇が荒れる原因や対処法をご紹介したいと思います。

唇の荒れる原因

乾燥

空気が乾燥する季節になると唇はカサカサになってしまします。理由は唇には皮脂腺や汗腺がないために唇の水分や油分を保てなくなってしまいます。

意外に多いのが癖(くせ)です。

唇が乾燥してくると潤すために無意識のうちに「なめ」てしまう人がいます。舐めてしまうと唇に必要な油分や水分が無くなってしまいます。

人によっては唇を噛む癖のある人もいます。これも同じように唇の油分や水分がなくなってしまいます。

布団を深く掛けることにより布団と唇が接触し、必要な水分や油分が奪われていしまいます。布団を深く掛けるのは止めましょう。マフラーも同様に口元まで覆うのは止めましょう。

日焼け

唇は皮膚が薄いので紫外線によるダメージで炎症を起こしてしまうことがあります。

アレルギー

食事をした時の食べ物の成分がアレルギーのもとで荒れる場合があります。

保湿するためにつけるリップクリームそのものが合わない場合もあるので違和感を感じたら使用を中止しましょう。口紅も同様です。

食事の栄養バランス

食事が偏ってしまうとカラダに必要な栄養が取れずさまざまなトラブルを引き起こします。

ビタミンA・ビタミンB2・ビタミンB6が不足すると肌が乾燥しやすくなると言われます。

その他の病気

唇の病気に口内炎や口唇ヘルペスなどがあります。自己判断せずに医者に見てもらいましょう。

唇の乾燥対策

体のコンディションによって、荒れやすくなったりするので普段からのケアが大事となってきます。

  • リップクリームなどで保湿
  • 水分をとる
  • ビタミンをとる

乾燥で唇が荒れてしまったら?

乾燥によって唇が荒れてしまった場合に注意することは

  • なめない
  • 唇を剥かない・触らない
  • 刺激の強い物を食べない

多くのリップクリームが販売されているので自分にあったリップクリームを選びましょう。

まとめ

唇はデリケートで良く動かず部分なので、普段からケアすることが重要です。荒れのない健康な唇を目指しましょう。

【最新】カラダ・悩みまとめ

2017.02.21

【最新】美容・ダイエットまとめ

2017.02.21

 

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • 冬になると唇が荒れてリップが手放せなかったのですが、唇が荒れる原因が自分の癖にあるとは驚きました!
    唇が荒れるとつい舐めたり触ったりしてたし、マフラーや布団を口元まで上げてたのが良くなかったなんて・・・これからは気をつけて冬でもプルプルの唇目指したいと思います!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です