【体験談】尿漏れ・尿失禁を克服できた方法

スポンサーリンク

▼今だけのお得情報!▼

デリケートゾーンの悩みってなかなか人に話したりできないものですよね。

同じ悩みで困っている人のお役に少しでも立てればと思い、実際に悩みを克服した方の体験談をもとに記事にしてみました。

私の悩み体験談

ハンドルネーム:ちくちくさん 50才

46才頃から、特に飲酒をした時、トイレに行くのが我慢できなくなってポイズを使うようになりました。

私は20代からお酒を飲み始めたのですが、無職で時間が沢山できてから、お酒(特にビール)を沢山飲むようになりました。

多い時は一日2リットル位は飲んでいました。

若い頃はそんなにトイレは近くなかったのですが、46才位からトイレに行くのが近くなってきて、尿失禁用のポイズというのを常に利用するようになりました。

ポイズを利用してもトイレに間に合わずに漏らしてしまう時が出てきたので、凹みました。

恥ずかしくて誰にも相談できませんでした。

どうすれば良いのか考えて、下腹を鍛えて尿道をしめるようにしたら、どうだろう?と思いつき、腹筋運動を始めました。

そして、肝臓にも悪いと思ってお酒をやめました。

思っていたより、すぐにやめる事が出来て自分でもビックリしています。

すぐに結果はでなかったのですが、続けているうちに、切羽詰まった尿意が無くなってきました。

夜何度もトイレに起きていたのが、1回で済むようになりました。

運動の効果としてお腹周りも少し痩せてきました。

今では尿失禁はしなくなりました。ポイズも使わずにこれています。

お年寄りの病気だと思っていた尿失禁を40代の自分が体験するなんて、落ち込みましたが、若い分、運動をして日常化しない体に出来たので良かったと思っています。

この先、また再発しても、まず運動して体を鍛えて、それでも続くようであれば年齢的なものもあるだろうから、その時は病院に行こうと思っています。

禁酒して運動していたら、失禁をしなくなってきました。恥ずかしくて病院にいけずに自力で考えて運動した結果、尿失禁から解放されて良かったと思っています。

さいごに

投稿していただきありがとうございます。

ご紹介した内容は実際に使用した方や実践した方からの投稿を元に記事作成をしております。使用感や効果は個人の感想になりますのでご了承ください。

▼最新記事をメルマガで配信▼


 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です