辛い生理症状に冷えは大敵なんです・・

スポンサーリンク

▼今だけのお得情報!▼

悩み・美容・ダイエットに関する情報は使用した方の使用感やポイントを参考にしたいものですよね。

実際に使用した経験のある方や実践をした方から頂いた情報を元に記事としてご紹介して行きたいと思います。

私の悩み体験談

ハンドルネーム:kemi・33歳

私は小学生の頃から生理痛がひどく、必ず腹痛 腰痛 頭痛 吐き気に悩まされています。

最もひどかった時は高校の頃で、当時私が入部をしていた部活の試合の日でした。

その日は会場に到着し、序盤から腹痛でトイレにこもりきりで嘔吐してしまい 早退させられました。

生理現象とはいえ、病院での治療もあるくらいなのですが、病院に行った場合には、ピルという薬での改善になり、その薬を飲むことでホルモンバランスを整えられ、生理中の腹痛などの症状を和らげたり、生理不順を直したりできるのだそうです。

しかし、その薬は元々避妊薬としても使用されていたり、毎日絶対に同じ時間に飲み、必ず飲み忘れのないようにしなければいけないことと、飲みはじめの、体が薬に慣れるまでの副作用が妊娠中のつわりのような症状であったり、薬の中でも飲み続けない方が良い薬というデメリットがあるのでとても抵抗がありました。

しかし いくら毎月の生理現象でも ここまでひどくては辛いものがあるので、何とか生理痛を少しでも改善できないかと思い、ネットや友達や本から色々な情報を得て改善を試みたりもしました。

そして、本当に色々な改善方法がある中で 私が生理痛が和らぎ効果的だと感じた方法の1つ目は、ビタミンのある温かいフルーツの紅茶(アップルティーがおススメです。)をゆっくり飲むことです。

2つ目は、お腹と腰の辺りを冷やさないように 普段より一枚足して、下着の上にスパッツを履きズボンを履いたり、足のくるぶしの辺りに子宮のツボがあるので、生理中には、くるぶし丈のソックスではなく、長めのソックスを履いて体を温めるということです。

この方法で痛みが和らぎ効果的だと感じるようになった頃に、たしかに体が冷えると痛みが増している実感もありました。

人の体は体温が1度上昇しただけで免疫力が12%も上がるのだそうです。体を冷やさないことは大事だなと思いました。

さいごに

投稿していただきありがとうございます。

ご紹介した内容は実際に使用した方や実践した方からの投稿を元に記事作成をしております。使用感や効果は個人の感想になりますのでご了承ください。

▼最新記事をメルマガで配信▼


 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です