神奈川新聞花火大会2016年日程・大迫力の花火が見える穴場スポット情報

スポンサーリンク

▼今だけのお得情報!▼

横浜・みなとみらい21(MM21)地区の臨港パーク前の海上で開催される「第31回神奈川新聞花火大会」の開催日程と穴場スポットをご紹介します。

横浜みなとみらいの夜景と大迫力の花火を同時に楽しむことが出来る。1万5千発の大迫力の花火が夜空を彩ります。

音楽×花火のコラボも毎年みどころ。みなとみらい臨港パークの海上で打ち上げられる二尺玉は圧巻です。

開催概要

【日程】2016年8月2日(火)
※小雨決行(荒天時は2016年8月3日(水)に延期)

【時間】19:00~20:00

【打ち上げ数】約15,000発

【場所】臨港パーク海上

【会場図】

kanagawa_fireworks2016出典:http://www.kanaloco.jp/company/event_fireworks/

【昨年の来場者数】 約20万人

【アクセス】JR線横浜駅東口から徒歩20分、桜木町駅から徒歩15分
横浜高速鉄道みなとみらい駅または新高島駅から徒歩10分

【駐車場】 なし

【交通規制】 あり

【公式HP】神奈川新聞社/神奈川新聞花火大会

有料席(花火協賛席)情報

神奈川新聞花火大会 協賛席

■耐震バース会場協賛席(前方エリア確約席:電子チケット):ドリンク・お菓子付き【完売】
■耐震バース会場協賛席A(紙チケット):ドリンク・お菓子付き
■臨港パーク会場協賛席B(紙チケット):ドリンク・お菓子付き【完売】

花火協賛席(耐震バース、臨港パーク):イス席1名7200円(別途システム手数料がかかります)

チケットの購入はこちらのサイトから

芝生広場会場入場券

臨港パーク会場とカップヌードルミュージアムパーク会場の2か所別々のチケットが発売されます。

料金はシート1名2000円(大人)、500円(子ども)です。

チケットの購入はチケットぴあから購入できます。

Pコード 臨港パーク(632-555) カップヌードルミュージアムパーク(632-556)

第31回 神奈川新聞花火大会 臨港パーク会場チケット購入

第31回 神奈川新聞花火大会 カップヌードルミュージアムパーク会場

ネットでの購入は上リンクから可能です。リンク先はチケットぴあのサイトになっています。コンビニ端末で購入の時はPコードが必要になります。

みどころ

神奈川新聞花火大会「スカイシンフォニー イン YOKOHAMA」の見どころはやはり大迫力の花火と音楽とコラボです。

打ち上げられる花火の最大尺は2尺玉。直径480メートルにもおよびます。花火打ち上げ時間の約1時間の間音楽が流れ、花火と音楽が絶妙にシンクロするのが感動します。

穴場スポット情報

大会当日平日ということもあって「お仕事帰りに花火を鑑賞しよう!でも有料観覧席は残業だで行けなくなるともったいない」から、「手軽に花火を楽しめるスポット」をお探しの方にオススメの穴場スポットをご紹介します。

無料一般観覧席情報

穴場の前に一般観覧席の情報も載せておきます。

  • 赤レンガ方面4街区
  • 20街区
  • 59街区
  • 62街区

混雑がすごいので、場所取りは夕方前に済ませましょう。夕方以降は人がどっと増え場所取りが難しくなります。

山下公園

みなとみらいに近く海を見渡せる割に空いているオススメスポットです。

花火と一緒に音楽は楽しめませんが、迫力の花火は十分に楽しむことが出来ます。

そごうと横浜ベイクォーターの間

多少ビルが邪魔になる個所もありますが、綺麗に見える穴場スポットです。

ポートサイド公園

横浜駅からも近く穴場の鑑賞スポット。帰りもみなとみらいからの人の波にのまれる前に横浜駅から帰宅できるのがうれしいです。

他にも横浜駅周辺やマルイ・そごうの海側デッキやみなとみらいに向かうデッキ通路やそごうのビアガーデンなどからも鑑賞できるようです。

仕事帰りに花火をちょっと鑑賞するのならみなとみらい駅より新高島駅や横浜駅を利用すると歩きながら見られるスポットが結構あります。

屋台情報

屋台は臨港パークのカップヌードルミュージアムの会場付近にたくさん出ます。一番多く屋台が立ち並ぶのは臨港パーク、パシフィコ横浜の展示ホール脇の空き地です。普段は空き地ですが、祭り当日はたくさんの屋台は立ち並びたくさんの人でにぎわいます。

20110816202004

平日ということもあって、夜にかけて人が増えます。屋台は夕方くらいから出店されていて、花火大会が始まる時間くらいにはアメ横かというくらい人であふれかえります。

屋台は定番からこだわりグルメまで、たくさん出店されているので屋台グルメを楽しむことが出来ます。

屋台周辺の通行規制後、遊歩道になった道路も鑑賞スポットとして人気です。ただ、臨港パークの木で花火の下のほうが見えないので余裕があれば穴場スポットでご紹介している場所まで移動してみてくださいね。

車での来場・交通規制について

会場周辺は広い範囲で交通規制がひかれます。

【規制時間】

18:30頃~22:00頃 ※規制時間は状況により延長短縮する場合あり

【首都高速道路規制情報】

  • 本牧JCT~大黒JCT間の東行きの路側帯規制
  • 山下町ランプ~本牧JCT間の上り線・本牧JCT(下り線)の非常駐車帯の閉鎖及び路側帯規制
  • 大黒JCT~生麦JCT間の上り線の非常駐車帯の閉鎖

【一般道路規制情報】

みなちみらい21地区・新港地区・桜木町周辺・馬車道・臨港幹線道路及び中央市場付近・コットンハーバー地区・大さん橋の道路及びその周辺・国道357号

※詳しい交通規制については公式ホームページをご確認ください。

駐車場はないですし、周辺も多くの道路が規制されます。車ではなく公共交通機関で向かうことをオススメします。

横浜駅周辺や桜木町駅周辺のコインパーキングは高いですし、花火大会当日は周辺道路規制のせいで道路渋滞が予想されます。

コインパーキングも満車のところ多いです。電車を利用するほうがスムーズです。

まとめ

大会当日は「みなと横浜ゆかた祭り」の期間中。ぜひお時間に余裕があったら浴衣で出かけてみてくださいね。

浴衣デートは横浜へ「みなと横浜ゆかた祭り2016」おすすめイベント最新情報

平日なので夕方からの人出がとても多いお祭りです。帰りはどの駅もとても混みます。スムーズに電車に乗れるようチャージは事前にしておきましょう。

横浜の夜景と大迫力の花火を楽しんでくださいね。

2016/8/2追記 本日開催です!天候が回復し打ち上げ予定です。

関連記事

【お祭り・花火大会】に持っていくと便利なアイテム

花火大会場所取りマナーと必需品!必要なアイテムとコツまとめ

人に話したくなる最新記事はコチラ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です