こうのす花火大会2016秋花火満喫穴場スポット&屋台情報

スポンサーリンク

▼今だけのお得情報!▼

秋花火イチオシ「燃えよ!商工会青年部!!第15回こうのす花火大会」をご紹介します。

鴻巣地元の商店や企業がボランティアで開催する花火大会。2014年にギネスにも認定された4尺玉は圧巻!尺玉で構成される「鳳凰乱舞」も必見です。

ダイナミックな「こうのす花火大会」の2016年日程・みどころ・穴場スポット・屋台情報をご紹介します。

開催日程

【日時】2016年10月8日(土)

(雨天の場合は翌日に順延)

【時間】18:00開会予定 20:30終了予定

【打ち上げ数】約15000発超(予定)

【昨年の人出】約60万人

【会場】埼玉県鴻巣市糠田(ぬかた)運動場および荒川河川敷
(埼玉県鴻巣市糠田1073-1)

koutuukiseizu
出典:http://kounosuhanabi.sakura.ne.jp/access.html

【アクセス】
JR高崎線 鴻巣駅西口下車 徒歩約20分

【有料観覧席】あり

【駐車場】あり

【公式HP】第15回こうのす花火大会公式ホームページ

こうのす花火大会みどころ

秋の高い夜空に打ち上げられる15000発の花火。中でも必見なのが四尺玉と三尺玉、尺玉が連続で打ち上げられるスターマインです。

世界一の四尺玉とは

2014年に「世界一重たい花火」としてギネス記録に認定された4尺玉が打ち上げられます。

直径105センチ重さ464.826キロの巨大な玉が打ち上げら、夜空に大輪を咲かせます。

尺玉のスターマイン「鳳凰乱舞」

一番の見どころは「こうのす花火大会」目玉のスターマイン「鳳凰乱舞」です。フィナーレに打ち上げられます。

秋の夜空いっぱいに連続で打ち上げられる3尺玉・尺玉のスターマインは大迫力です。河川敷から真上に広がる花火は圧巻。

~2014年のスターマインの映像~

大会プログラム概要

第一部「開会の宴」
鴻巣市・鴻巣市商工会議所・青年部有志による打ち上げ花火で大会が開幕します。

第二部
スターマインや尺玉連発など、迫力のある打ち上げ花火。尺玉が次々とあげられ見ごたえ◎

第三部
ラストは「鳳凰乱舞」。関東ではめったに見られない正三尺玉、正四尺玉、尺玉300連発など豪華で大迫力の花火が勢ぞろいする。

※過去例のプログラムです。今年のプログラム詳細は公式ホームページに更新されています。

有料席情報

有料観覧席 ブルーシート(4名まで指定席)
1.8m×1.8mイス不可  14040円

ペアシート席 ブルーシート(2名まで指定席)
1.8m×0.9mイス不可  7560円

自由席 ブルーシート (1名まで自由席)
0.9m×0.9mイス不可  3780円

有料観覧席ブルーシート(4名まで指定席)
イス持ち込み可 14040円

有料撮影席 協賛席後ろ側(1名まで自由席)
イス・三脚可 5400円

購入はチケットピアでできます。

Pコード 632-689 

オススメ鑑賞スポット

ゆっくり見たいのならもちろん有料観覧席がオススメですが、無料できるオススメ鑑賞スポットももちろんあります。

特等席の有料観覧席や協賛席に負けないくらい綺麗に鑑賞できるオススメスポットをご紹介します。

快適に鑑賞するなら無料観覧席A・B

メイン会場の糠田運動場。
住所:埼玉県鴻巣市糠田1073-1【MAP

鴻巣駅から徒歩20分程度のところに設置されいるメイン会場です。

無料観覧席はもちろん人気なので早めの場所取りは必要になりますが、有料観覧席に負けないくらい大迫力の花火をたのしめます。

また、屋台の出店も多く、仮設トイレなども充実しているので快適に花火をたのしむことが出来ます。

比較的、駅から離れてる無料観覧席Bのほうが空いています。

荒川河川敷の土手

河川敷で打ち上げられる花火なので河川敷の土手からもきれいに鑑賞することが出来ます。

ただし、河川敷は立ち入り禁止区域もあるので注意が必要です。

高く打ちあがる花火がい多い花火大会なので、河川敷付近では割とどこからでもきれいに花火を鑑賞することが出来ます。

こうのす花火大会穴場スポット

車の方にオススメの「吉見総合運動公園」

住所:〒355-0103 埼玉県比企郡吉見町大字今泉141【MAP

こうのす花火大会公式の駐車場で、1日2000円で駐車できます。

2000台停めることが出来る駐車場で車で来る人に人気のスポットです。

打ち上げ会場からは少し離れていますが、当日はイベントや屋台も出店され盛り上がる会場です。

ファミリーやドライブデートにオススメです。

地元民に人気の「田間宮小学校付近」

住所:〒365-0059 埼玉県鴻巣市糠田2985【MAP

会場からも近く迫力の花火を鑑賞することが出来るスポットです。

以前は地元民が穴場的に鑑賞するスポットでしたが、近年人気が出てきて混みあうようになってきています。

早めの場所取りが必要です。

ゆっくり混雑を避けて鑑賞するなら「御成橋付近」

MAP

荒川の広い河川敷に5万人も収容できる無料鑑賞場所が設置されます。

人混みが苦手な方にオススメです。花火打ち上げ会場からは少し離れていますが、見晴らしのいい河川敷での鑑賞なので、花火全体を眺めるのに最高の観賞場所です。

駅チカの穴場鑑賞スポット「鴻巣西中学校付近」

住所:〒365-0054 埼玉県鴻巣市大間1161【MAP

鴻巣駅から比較的近く花火を鑑賞できるスポットです。

屋台情報

メイン会場である糠田運動場・吉見総合運動公園・御成橋付近に屋台が出店されます。多いところだと50店舗もの屋台がずらっと並びます。

定番の屋台グルメや鴻巣名物の屋台も出店されています。

出典の時間は早い屋台だと昼過ぎくらいからスタートしている店もあります。たくさんの屋台が営業するのは夕方頃から大会中までといった感じです。

場所取りをしながら屋台グルメを楽しめるのも花火大会の魅力ですよね。

交通規制・駐車場情報

こうのす花火大会オフィシャル駐車場

吉見総合運動公園

【住所】埼玉県比企郡吉見町今泉141

【料金】2,000円/1日

【収容台数】2,000台

交通規制情報

花火大会当日は会場周辺で交通規制が行われます。

荒川河川敷周辺は立ち入り禁止区域もあります。注意して移動しましょう。

また、交通規制により、会場周辺は渋滞・混雑が見込まれます。車で行く場合は時間に余裕をもって行動することをオススメします。

~交通規制MAP~

trafic
出典:http://kounosuhanabi.sakura.ne.jp/gaiyo.html

まとめ

秋に開催される関東屈指の花火大会「こうのす花火大会」についてご紹介しました。

東京からもアクセスが良く人気の花火大会。関東では貴重な四尺玉も鑑賞できます。大迫力の尺玉のスターマイン、世界一の四尺玉を観に行ってみてはいかがでしょうか。

秋の夜空に打ち上げられる花火。夏とはまた一味違った感動が味わえるはず・・・

人に話したくなる最新記事はコチラ

あなたにオススメのお祭り・イベント記事はコチラ

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です