1日中楽しい「横浜スパークリングトワイライト2016」花火・パレード・みどころ最新情報

スポンサーリンク

横浜みなとみらい・山下公園を中心に2日間にわたって行われる「横浜スパークリングトワイライト2016」の開催情報・花火情報・イベント情報をご紹介します。

夜には花火が上がり昼はパレードや海上ショーで1日中楽しめるお祭り。5年前から始まったこのお祭りは昨年には2日で36万人も集まる大盛況。横浜で海の風を感じながら丸1日楽しめるお祭りなので、家族でのお出かけやカップルでのデートにもオススメです。

開催概要

【日程】2016年7月16日(土)17日(日)

【時間】各イベント11:30~20:30(詳細はイベントスケジュールに記載)
花火打ち上げ【スパークリング花火】19:30~20:00
※小雨決行・荒天中止

【打ち上げ数】各日3000発

【場所】神奈川県横浜市中区
横浜港・山下公園

【駐車場】なし

【花火有料席】なし

【アクセス】みなとみらい線「元町・中華街駅」徒歩約3分
JR根岸線「石川町駅」徒歩約15分
JR根岸線「関内」徒歩約20分
※当日は会場周辺で交通規制があるので、公共交通機関の利用がおすすめです。

【公式HP】http://www.y-artist.co.jp/sparkling/

イベントプログラム詳細

スパークリング花火

2日間にわたって各日3000発の打ち上げ花火が上がります。

ジュエリーボートとの競演か幻想的です。

【開催時間】19:30~20:00

トワイライト ジュエリーポート

yokohama

イルミネーションで飾られて船が山下公園海上を彩ります。

よこはまのシンボル氷川丸もライトアップされロマンチックな雰囲気に。

【開催時間】8:50~19:30/20:00~20:15

海難レスキューデモ

image05

横浜海上保安部、横浜市消防局によるデモンストレーション。

迫力の訓練をまじかで鑑賞できます。

【開催時間】13:00~13:40

シップパレード

16日には「横浜港で働く船のパレード」

17日には「シーカヤックのパレード」が開催されます。

【開催時間】14:00~15:30

スパークリングパレード

世界とつながる横浜港ならではの、日本と世界の友好をテーマに、地元市内から集まった御輿と、世界の伝統衣装がコラボする華やかなパレードが開催されます。

【開催時間】14:00~16:00

スパークリングステージライブ

公園内の石のステージでステージが開催されます。夕方にはムードあるジャズの演奏がありお酒片手に夕涼みできます。

【開催時間】15:00~19:00

シーサイドレストラン&バー

横浜人気れ使徒欄によるおしゃれな屋台コーナー。ハマのグルメを堪能できます。

【開催時間】11:30~20:30

PR・ファミリーコーナー

消防署、税関等による楽しく学べるPRコーナー。氷の彫刻実演が昨年は大人気でした。

【開催時間】11:30~17:00

みどころ

新作花火も打ち上げられるスパークリング花火は必見。打ち上げ数は3000発と少ないものの、迫力のある花火。新作の花火も打ち上げられて短時間で大満足できる花火です。

花火前後に行われる船のライトアップ「ジュエリーポート」も必見。花火中は消えますが、花火を待っている間も楽しめます。

ロマンチックな雰囲気なのでぜひ大事な人と一緒に見に行っていただきたいですね。

海上で行われるイベントの中で大迫力なのは「海難レスキューデモ」です。普段見ることのできない海難救助の訓練や海上火災消火訓練などは必見。陸上と違いスケールか大きいです。

私のオススメのまわり方は「海難レスキューデモ」を鑑賞して「シーサイドレストラン&バー」で食事。歩きながらパレードを鑑賞。夜の花火向けて場所取りしつつピクニック感覚で屋台グルメを楽しむ。「ジュエリーポート」と「花火」を鑑賞。という感じの流れです。ジュエリーポートと花火はクルーズ船で楽しむというのいいですね。

花火鑑賞するならココ

トワイライト花火を鑑賞するならココというスポットをご紹介していきます。定番スポットから穴場スポットまでご紹介しますので、お好みに合わせて観賞場所を選ぶ参考にしていただけたらうれしいです。

山下公園

お祭りメイン会場なので混みます。しかし、大迫力の花火とジュエリーポートを思う存分楽しめる観賞場所。早めの時間から場所取りするのが大事です。

赤レンガ倉庫街

観光がてら花火を楽しむならベストスポットです。競争率は高めです。打ち上げ場所からも近く迫力の花火が鑑賞できます。

港の見える丘公園

横浜港を見下ろせるこの公園。打ち上げ場所からは少し離れていますが、花火を落ち着いて鑑賞したい方にオススメのスポットです。横浜の夜景が一望できるのも魅力的です。

大さん橋

山下公園北側の国際客船ターミナルからは目の前が海と花火という絶景が鑑賞できます。遮るものがないので、風向きが良ければベストビュースポットです。花火とベイブリッジのコラボが見れます。

臨港パーク

会場から離れているので仕掛け花火やジュエリーポートは期待できませんが。打ち上げ花火なら見ることが出来ます。混雑しないので人混みが苦手な人にはオススメです。

カップヌードルミュージアム周辺

カップヌードルミュージアム周辺は芝生になっており、周りに高い建物がないので花火を鑑賞できます。山下公園や赤レンガ倉庫より混雑が少ない穴場スポットです。

ベイブリッジ

ベイブリッジの上からも鑑賞できるようです。ただ、座ったり止まったりはできないので、ドライブや散歩ついでに花火も楽しみたい方にオススメです。

有料クルーズ船

hama

そしておすすめなのがクルーズ船からの花火鑑賞。

ちょっと奮発して特別な夜にしちゃいましょう。現時点でまだ空きがあるツアーをご紹介します。

横浜スパークリングトワイライト花火見物クルーズ(予約満席になりました。)

シーバスで鑑賞するツアー。食事がつかないので飲食物のち混み可能のリーズナブルなプランです。

料金:大人(WEB) 4,800円 子供(WEB)  3,800円

乗船:山下公園18:40発

予約ページ:横浜スパークリングトワイライト花火見物クルーズ

横浜スパークリングトワイライト花火見物クルーズ(7/16)

(予約満席になりました。)

豪華クルーズ船でビュッフェを楽しみながらの花火クルーズ。贅沢なディナーを楽しめます。

料金: 大人(web割)  9,000円  子供(web割) 7,000円
大人(当日券) 9,500円  子供(当日券) :7,500円

乗船:山下公園18:30発

予約ページ:横浜スパークリングトワイライト花火見物クルーズ(7/16)

シーバスから観賞 横浜スパークリングトワイライト2016 スパークリング花火

はとバスからはなんとツアーまで出ています。中華街にシーバスからの花火鑑賞。東京駅出発で楽チンですね。

ゆかたで行こう

開催期間中は「みなと横浜ゆかたまつり」も開催中。浴衣で行くとお得もたくさん。ぜひ浴衣で出かけてみてくださいね。

関連記事 浴衣デートは横浜へ「みなと横浜ゆかた祭り2016」おすすめイベント最新情報

まとめ

横浜の花火大会は数回開催されますが、2日間わたって開催際される「横浜スパークリングトワイライト2016」は1日中楽しめるイベントが盛りだくさん。

浴衣を着て横浜のお祭りに出かけてみてはいかがでしょうか。

人に話したくなる最新記事はコチラ

追記 2016/7/16

本日スパークリングトワイライト開催中です。天気があまり良くなかったので開催状況調べで見ました。

ブルーインパルスも飛んでちゃんと開催中ですね。Twitterの情報を元にお伝えしています。屋台も山下公園に出ているようです。

今夜の花火までに天気回復してくれるといいですが…

天気予報は曇りの予報です。降水確率20%ということで雨は大丈夫そうですが、花火が綺麗に見えるか心配ですね。

気象庁/天気予報

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です