新着エントリー

夏真っ盛りの沖縄!

美しさと物悲しさ「花宵道中」

スポンサーリンク

ユーザー様がオススメする映画・本をご紹介します。

ネタバレ注意でお願いします。

タイトル

花宵道中」 宮本あや子

あらすじ

時は江戸吉原。景気の良かったのは昔の話。

小見世「山田屋」の女郎「朝霧」は器量良しではないけれど、芸事が達者な人気女郎。

ある日、出かけた縁日で朝霧は、半次郎と出会う。

朝霧を女郎とは知らず、朝霧に惹かれる半次郎。朝霧も半次郎に恋心を抱きます。

しかし2人の無垢な恋は、過酷な運命を辿るのです。

ネタバレ

ネタバレを読む

感想

随分前に買った本ですが、未だに定期的に読み返してしまいます。

壊れそうに繊細な人間の心を、美しく優しい文体で書かれていて、読みやすいのに深く心を動かされます。

個人的には、朝霧の姉女郎の霧里の話がいちばん好きです。

山田屋にいる女郎はみな、山田屋に来る前に来た後も、過酷な人生を歩んでいるのですが、中でも霧里が過酷さナンバーワンではないでしょうか。

実は霧里は朝霧の恋人、半次郎の実の姉です。

男たちが思わず「拝みたくなる」くらいの、美しい顔を体を持つ霧里ですが、その美しさが逆に彼女を苦しめます。

美しいからと女たちに嫉妬され、美しいからと男たちがその体を弄んで喜ぶ・・・美しくてよかったことなんて、あったかなぁ。という作中の霧里の独白が印象的です。

平均的な顔立ちの私は、美人の苦悩を垣間見た気がします。

恋の話が圧倒的に多いのですが、霧里だけは恋を知らないまま亡くなってしまいます。

彼女の心の中にいた男性は、弟の半次郎だけでした。

霧里は何度も半次郎に会いたいと願います。けれどそれは叶うことなく、今際の際に彼女は半次郎の幻を見ます。

彼女は幸せそうな笑みを浮かべたまま、息を引き取ってしまうのです。

救いのないお話ではなんですが、何度も読んでしまいます。それも彼女の美しさが、私を引き寄せているのだと思えてなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です