新着エントリー

夏真っ盛りの沖縄!

2時間サスペンスのような面白さ「マリア」

スポンサーリンク

ユーザー様がオススメする映画・本をご紹介します。

ネタバレ注意でお願いします。

タイトル

「マリア 女性秘匿捜査官・原麻希 」吉川 英梨 著

あらすじ

アパートで女性の不審死体が発見された。

警察は自殺と判断するが、他殺ではないかと疑った刑事が、鑑識課の原麻希に相談する。

麻希は現場の足跡から推理を進め、女子高の文化祭へ乗りこむが、そこでチアリーダー部のコーチが死体となって見つかる。

さらに捜査を進めていくと、コーチにレイプされ、中絶したというチアリーダー部の部員がいたことをつきとめる。

一方で、彼女とコーチはラブラブだったという目撃証言も出てきて、捜査は混迷を深めていく。

ネタバレ

ネタバレを読む

感想

かなり血なまぐさい事件を扱っているにもかかわらず、どこかのどかでほのぼのした印象を受ける作品です。

たぶん、これが作者の持ち味なのでしょう。

主人公の原麻希のイメージがなんとなくサザエさんっぽくて、ユーモラスです。

「あたしをフルネームで呼ばないで」

という主人公の決めセリフも、読者に笑ってもらおうという作者の意図なのでしょう。

原麻希=ハラマキ=腹巻。親父ギャグ程度のユーモアかもしれませんが。それでいて、この腹巻、じゃなかった原麻希さん、そうとうの切れ者です。きちっと推理していきます。

殺されたコーチにレイプされて泣いている少女、でありながら、一方でふたりはラブラブで指輪を買いに行っていた、という矛盾した証言が出ます。

こういう矛盾、つまり謎が存在するというのが、ミステリーの魅力です。この謎もきちっと解き明かされていきます。

事件の捜査と並行して、原麻希の家庭問題も進行します。

小学生の長女と麻希、麻希の夫との関係がうまくいかないのです。これもまた、「どうなるんだろう」と読者をハラハラさせて、先を読み進ませる要素となっています。

そして最後にはこの家庭問題も、事件の犯人の家庭環境とシンクロする形で、きちんと決着します。

このあたりの手際もみごとだと思いました。全体に、テレビドラマの2時間サスペンスを見ているような印象を受けました。親しみやすいミステリーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です