知的財産管理技能検定とは?資格取得情報

スポンサーリンク

▼今だけのお得情報!▼

知的財産管理技能検定とは

知的財産という言葉はいまやテレビから新聞まで様々なところで耳にすることがあるでしょう

2002年に当時首相であった小泉純一郎が知財立国宣言してから知的財産は徐々に脚光を浴びるようになりました

この知的財産についての法律知識と実務能力の能力を認定する国家資格が知的財産管理技能検定です

すこし具体的に言えば知的財産管理技能検定知的財産の創造保護または活用を目的として個人や企業団体のために業務を行う職種にかかる国家試験といえます

知的財産の重要性がますます上昇している現在非常に注目されている検定で弁理士事務所や一般企業などで著作権関連の書類作成業務などをフォローし、特許出願等のサポートを行います

種類

知的財産管理技能検定は

1級2級及び3級(ただし1級は特許コンテンツブランドの3部門に分かれている)3つの等級に区分されています

それぞれの等級ごとに学科試験及び実技試験により行っており両方に合格すると技能士称することができます

試験資格受験科目申し込み方法

知的財産の実務経験による例外はあるもののほとんどは3級2級1級の順に合格していけば次の等級の受験資格を得ることができます

試験方法は学科試験がマークシート実技試験が記述式(1級のみ口頭試問あり)なっています

毎年3月7月11月に試験が行われ知的財産管理技能検定のホームページでのインターネット申し込みと郵送による申し込みがあります

申し込み受け付けはいずれも試験の5か月程度前から開始されます

一般財団法人知的財産研究教育財団 知的財産教育協会

合格率難易度

合格基準は毎年決まっています。

3級の場合だと学科実技ともに70%以上で合格なります 

合格率はおおよそ

1級の学科試験が10%・実技試験が90%

2級の学科試験が40%・実技試験が50%

3級の学科試験が60%・実技試験が65%

 3級は国家資格の中では比較的簡単なものといえるでしょうが1級ともなると同様に知的財産に関する資格である弁理士とそれほど難易度は変わらなくなります

試験勉強

2級3級は独学で合格を目指せる資格です

どちらの等級も以下の公式テキストと問題集が出ており私はこれを一通りして合格できました

知的財産管理技能検定2/3級公式テキスト

知的財産管理技能検定2/3級厳選過去問題集勉強法

とにかく暗記になりますが特に出題率が高い特許法」・商標法」・著作権法しっかり学習することで高得点を取りやすくなります

私の場合2・3級共に試験の3か月前から勉強を始めて合格できましたが早い人は1か月で合格する人もちらほら聞きます

▼最新記事をメルマガで配信▼


 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です