調理師資格の試験と取得情報

スポンサーリンク

▼今だけのお得情報!▼

調理師資格とは

調理師の資格等を定めて調理の業務に従事する者の資質を向上させることにより調理技術の合理的な発達を図りもって国民の食生活の向上に資することを目的とする(調理師法一条)規定されている国家資格であり、名称独占資格でもあります

しかし、この資格が無くても業務として調理することは可能で飲食店の運営も食品衛生責任者の選任は必要ですが調理師資格は不要です

実務経験が必要ですがパートやアルバイトでも取れますので、取得して損はありません。

種類

類似する資格としてはさまざまありますが関連する業界団体のものになります

試験資格受験科目申し込み方法

試験は年1回各都道府県で行われどこでも受験できます

受験資格

中学校卒業以上程度加えて2年以上調理の実務経験

試験科目

・調理理論

食品衛生学

公衆衛生学

栄養学

食品学

食文化概論

以上6科目です試験は四肢択一のマークシート方式です

合格ラインは全科目の合計で60%以上得点が目安です

受験料や詳細の問い合わせ先は近くの保健所にお願いします

願書を出す時に実務経験証明書必要になりますこれは2年間の実務経験があることを証明するものです

実務経験の規定は国からから許可を受けている施設(飲食店営業惣菜製造業魚介類販売業)2年以上勤務すること給食センター(学校や病院工場や企業など)給食施設寮などで継続的に20食以上か1日に50食以上を作ることアルバイトやパートとして週4日以上かつ1日6時間以上働くこととなっています

実務経験は一つの職場だけではなく複数を合算することも可能ですし過去のものであってもOKですただし実務経験証明書への捺印をそれぞれの店にしてもらう必要があります

合格率難易度

地域によって問題に差があり多少違ってきますが全体的には6割でしょう

試験勉強

普通に教育を受けてきた方であれば数日勉強すれば合格可能ですし難しくはないでしょう

日常の一般常識レベルなので参考書一冊あれば大丈夫かと思いますが地域によって試験問題や傾向にかなり差がありますので注意すべきはその部分でしょう

▼最新記事をメルマガで配信▼


 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です