新着エントリー

教員採用試験に有利な学校図書館司書教諭資格とは?

スポンサーリンク

学校図書館司書教諭資格とは

学校図書館において専門的な知識を持って職務にあたる国家資格です

学校図書館司書教諭となるためには一つ以上の教科科目において教員免許状をすでに持っている必要がありますが学校図書館司書教諭は12クラス以上で構成される,学校教育法に定められている学校において必ず置かれなければならない役職のため学校図書刊司書教諭資格持っていることによって教員採用試験での選考のその旨を記載できるなど有利に働きます

ではこの資格を得るにはどうすればよいのか取得方法は大きく2パターンに分かれます

大学などの教育機関で

①学校経営と学校図書館
②学校図書館メディアの
構成
③学習指導と
学校図書館
④読書と
豊かな人間性
⑤情報メディアの
活用

科目を各二単位ずつ修了するまたは司書(学校図書館司書教諭資格とは異なります)資格を持っていて文部科学大臣によってそれが上記の単位の修了と同等のものとして扱われるとみなされることによって資格を得ることができます

この資格は都道府県の教育委員会から認定される教員免許状と異なり文部科学省より認定される国家資格です

この資格を持っていることで校務分掌で司書教諭に命ぜられる可能性が高くなり業務量が増える可能性はありますが取得難易度も非常に低く特別な試験等を必要としないため教員免許状を取得しようと考えている方は並行してこの資格を取得することをおすすめいたします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です