新着エントリー

運送業界で必要とされる運行管理資格とは?

スポンサーリンク

運行管理者資格とは

運送業で配車や管理者に必要とされる資格です

一営業所単位で車の台数により資格所持者車両数に応じて資格者の配置が必要とされてきます管理者でなくともドライバーでも持っていると手当等が増える場合もありますひと昔前は講習で取れた様ですがれっきとした国家資格です

種類

トラックバスタクシー及びハイヤーの3種類です

③試験資格・受験科目・試験日

試験資格は下記のいずれかに該当するものが必要。

・実務経験1年以上

・基礎講習修了

・基礎講習修了予定

貨物

分野出題数
貨物自動車運送事業法関係8
道路運送車両法関係4
道路交通法関係5
労働基準法関係6
その他運行管理者の業務に関し、必要な実務上の知識及び能力7
合計30

旅客

分野出題数
道路運送法関係8
道路運送車両法関係4
道路交通法関係5
労働基準法関係6
その他運行管理者の業務に関し、必要な実務上の知識及び能力7
合計30

 

2017年平成29年度第1回試験 (予定)

(1)試 験 日平成29年8月27日(日)
 
(2)頒布期間平成29年5月19日(金) ~ 6月9日(金)
 
(3)申請期間
 
①書面申請:平成29年5月19日(金) ~ 6月9日(金)
②インターネット申請:平成29年5月19日(金) ~ 6月19日(月)
③おまかせ申請:平成29年4月10日(月) ~ 6月14日(水)
 
(4)試験結果の発表:試験日より1ヵ月以内
 
受験手数料等
 
(1)受験手数料:6,000円(非課税)
(2)インターネット申請(システム利用料):648円(税込)
(3)採点結果通知手数料:216円(税込)(希望者のみ)

合格率・難易度

試験の種類貨 物旅 客
試験実施県47 都道府県46 都道府県
受験者数36,028人8,169人
合格者数10,868人2,876人
合格率(%)30.235.2

引用:公益財団法人運行管理者センター

試験会場

試験会場は各都道府県にあります

詳しくは公益財団法人運行管理者センターにてご確認ください。

試験勉強

試験内容は分野ごと必ず正解がなくてはならないので一つの分野だけ得意という訳にはいかず全ての分野を勉強する必要性があります

勉強のコツとしてはやはり教本を一通り読んだ後に過去問を繰り返し問く

間違いがあればまた教本を見て間違いを直すの繰り返しがいいと思います年中ドライバー不足に悩まされる業界にはなって来てます。

どんなにネットで買い物などが出来るようになっても運ぶ人達が居なければ成り立たないので運送業界にはなくてはならな資格です

まだまだ資格所持者が不足して居ますので資格を取得する事は有効です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です