沖縄の観光情報アメリカンフェスト【嘉手納町】

スポンサーリンク

こんにちはケンです。

今回は沖縄に住む私がおすすめする意外と知らないディープな沖縄本島の観光情報をご紹介します。

沖縄本島に住む誰もが知っていて観光でも有名なお祭りと言えば「那覇大綱挽まつり」・「全島エイサーまつり」などありますが、沖縄県民でも楽しみにしている年に1回のイベントがあります。

それは沖縄本島の中部の嘉手納町にある空軍基地「Kadena AiR Base-カデナエアベース-」で行われるアメリカの独立記念日に7/4に合わせて行われるアメリカンフェストです!

馴染みのない方も多いかと思いますが、航空機が好きな方や何度も沖縄観光している方は知っているディープなお祭りです。

今年2016年は開催されるという事ですが一般公開するのかは今だ告知はないのですが一般公開されると、アメリカ軍関係者のエスコートなく基地内に入ることができます。

開催情報

日時:7月上旬・14:00~21:15(例年)

沖縄県嘉手納町Kadena AiR Base-カデナエアベース内

嘉手納基地アメリカフェスト facebook

※一般公開されない年もあるので観光の方は必ず確認しましょう

どんな祭り?

  • 軍人エスコートなく米軍基地に入ることができるお祭り
  • アメリカンフードやスイーツ・ハンバーガーなど本場のアメリカの味を楽しむことができる。
  • 現役のアメリカ軍人との交流ができる。
  • 戦闘機が展示してあり写真が間近で撮影でき物によっては機内の見学もできる。

夜には盛大な花火が上がり日本にいながらアメリカを体感できるイベントになっています。

どうやっていくの?

過去のイベントの情報だと、車でも入ることも出来ますが、基地という性格上、GATE(ゲート)と言われる入口があり、セキュリティーで「恐ろしいほどの渋滞」が発生するので、近くで駐車し歩きや臨時の送迎バスを利用する方法がいいでしょう。

基地内は「アメリカ」そのものなので歩きでも十分楽しめます。入場ゲートの情報も告知がないと分からない部分なのでフェイスブックなどでチェックしておくといいでしょう。

持ち込み品などのルール(過去例)

昔は入場に関するルールもそこまでは厳しくなかったのですが近年はルールが厳しくなっているようです。

  • 入場者は米国軍属・日本国籍限定
  • 入場時に写真つき身分証明書の提示
  • 車両の県外ナンバーやレンタカーはゲートにて車両検査を受けることがある。
  • 望遠カメラレンズ(200mm以上)持ち込み禁止
  • 未成年18歳未満は保護者同伴の義務
  • その他ルールが追加されていることがあるので確認が必要

飛行機の搭乗時に荷物チェックで引っ掛かるような物は持ち込めないと考えましょう。

注意事項

基地内に入ると「アメリカ」国内にいるという気持ちを持ちましょう。

基本的にはMP(ミリタリーポリス)や軍人が巡回して安全ですが基地内でのルール違反(特に車)はかなり厳しいので注意が必要です。基地内にてお酒の提供もあると思いますが酔って問題を起こすようなことは「絶対」にやめてください。相手はアメリカ軍人であることを忘れずに。

さいごに

ルールを守れば、子供連れでも楽しめるイベントなので、タイミングがあえば参加してみてはいかがでしょうか?

沖縄観光のおすすめポイント・沖縄グルメ・夜遊びも!情報まとめ

2016.08.15

【お祭り・花火大会】に持っていくと便利なアイテム10選

2016.07.17

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です