新着エントリー

【宮城仙台旅行記】一泊二日の観光グルメ満喫プラン絶品海鮮&焼肉旅①

スポンサーリンク

仙台七夕目前の仙台に旅行に行ってきました。

仙台はおいしいものもきれいな自然も多くて、とても素敵なところです。

今回は松島の絶景と美味しい海鮮が目当ての旅でした。お寿司・海鮮の名店や居酒屋、おいしい米沢牛や仙台牛がお安くいただける焼肉ランチ、日本三景の松島の情報をレポートします。

おいしかったご飯・仙台周辺の観光スポットみどころをご紹介します。

旅の参考になればうれしいです♪まずは1日目を書いていきますね。

一泊二日の宮城仙台旅スケジュール

今回のまわった旅行プランのスケジュールをざっくり最初にご紹介します。

【1日目】

10:00 東京駅で軽めの朝ご飯をGETしてから新幹線に乗車

12:00 仙台駅到着~仙石線で本塩釜駅へ

13:00 ランチはお寿司「すし哲」

14:00 マリンゲート塩釜から遊覧船で松島観光

16:00 塩釜神社参拝

18:00 仙台駅へ戻りホテルへチェックイン

19:00 海鮮のおいしい居酒屋「天空のろばた」で夜ご飯

22:00 仙台っこラーメンで1日目の〆

【2日目】

8:00 起床 朝ご飯はホテルのバイキング

11:00 るーぷる仙台で仙台市内観光

14:00 仙台駅中の「米沢牛焼肉 仔虎 仙台駅前店」でランチ

15:30 アエル展望台

16:00 懐かしい感じのするアーケード内の「カフェmisty」でお茶~仙台アーケードを散策

17:00 新幹線で東京へ戻る

という感じで2日間電車とバスを利用してゆったりとした観光を楽しみました。ちょっと贅沢しておいしいものもたくさん食べちゃいました♪

【宮城仙台旅行記】一泊二日の観光グルメ満喫プラン絶品海鮮&焼肉旅②

東京駅で駅弁が重いけどチョイ食べならこれ!「まい泉」のカツサンド

出発は東京駅から新幹線に乗ります。

お昼にお寿司と決めていたので、朝は軽めに。ロケ弁などでもおなじみの老舗とんかつ「まい泉」のカツサンドをGET!

sendai (1)

フカフカのパンに肉厚なヒレカツのシンプルさがとてもおいしいです。

外さない1品ですね。東京駅の地下1階グランスタに入っています。

「とんかつまい泉グランスタ店」店舗情報

【住所】〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-9-1
東京駅グランスタ B1F (JR東京駅改札内)

【営業時間】8:00~22:00(日・祝~21:00)

【取扱商品】お弁当・サンドイッチ・ポケットサンド・バーガー・揚げ物・黒豚そぼろ・調味料

【値段】ヒレかつサンド(3切)421円(6切)842円(9切)1263円

エビかつサンド(3切)453円 ポテトサラダサンド(3切)298円

ヒレかつとたまごのポケットサンド ※東京駅グランスタ店限定商品
価格(税込み)486円

定番のヒレカツサンドを今回は食べましたが、「マツコの知らない世界」で以前取り上げられていたポケットサンドも気になります。

今回は出来上がるまで時間がかかるようだったので次はちょっと早めに東京駅に行ってポケットサンド食べます。

とんかつまい泉の公式ホームページはこちら

宮城県塩釜市の絶品寿司「すし哲」で贅沢ランチ

sendai (2)

仙台駅に着きました。

とりあえず駅のロッカーに荷物を預け仙石線の「本塩竈駅」に向かいます。

仙台駅から東塩竈までは電車各駅停車で約25分。

お目当ては本塩釜駅徒歩3分の超有名店「すし哲」

sendai (3)

宮城出身海沿い育ちの私。地元からも近いのですが初の来店です。

7月ということで旬は「ウニ」「アワビ」

ウニは殻つきで塩竈市の隣、七ヶ浜町で採れたウニです。

つつくと針が動くほど新鮮!

sendai (4)

口の中でとろける美味しさ。

このおいしさ回転ずしや東京のお寿司屋では絶対味わえないです。

一度食べたら忘れられないおいしいウニを味わえます。

シーズンは8月の最初位までなので、七夕まつりで仙台に旅行される方はぜひ食べてみてくださいね。

sendai (5)

そして、頼んだのは「すし哲物語」の握りです。

あなご・たまご・たこ・子持ち昆布・ほっき貝・アワビ・まぐろの赤身・白身・トロ・いくら・ボタンエビ・うに

が、大きなさらに乗って着ました!

アワビ大好きな私はこりこりの食感に大満足。

お吸い物と食後のデザートにシャーベットがついています。

どのにぎりも絶品!やっぱりネタが新鮮だとお醤油をつけなくてもいいくらいおいしいですね。

店内は2階の座敷席に案内されましたが、満席。広々とした店内です。混んでいるときだと、行列ができていることもあるみたいです。

「すし哲」店舗情報

【住所】宮城県塩釜市海岸通2-22

【電話】022-362-3261

【営業時間】
平日 : 11:00~15:00 16:30~22:00
土・日・祝 : 11:00~22:00

【定休日】 木曜日(祝日は営業)

【席数】80席

【駐車台数】10台

【今回食べたメニュー】
がぜウニ(殻付)1,600円
すし哲物語(にぎり)3,980円

すし哲公式ホームページはこちら

松島観光は海からが絶景!マリンゲート塩釜遊覧船

日本三景として有名な松島。もちろん、松島まで電車で行ってもいいのですが、今回はせっかく塩竈にいるので、「マリンゲート塩釜」から遊覧船に乗って松島島めぐりを楽しみました。

marin出典:http://www.shiogama.co.jp/marinegate/index.html

マリンゲートは塩釜港の船の発着場所で「浦戸諸島市営汽船」「松島観光遊覧船」が運行しています。

今回は芭蕉コースで松島まで行きます。

sendai (7)

数々の有名な島がある松島。

sendai (8)

有名な島のスポットを抜け松島へと向かいます。

sendai (9)

芭蕉コースは約50分。松島では下りずに塩竈に戻る事も可能です。

松島にには観光スポットがたくさんあるので、今回ではなく次回ゆっくり見ようと思い今回は塩釜へ戻ります。

追加料金を払うとVIP席でゆっくりと島めぐりを楽しめます。

今回は3階席で優雅に松島の風光明媚な島を堪能するクルージングを満喫することが出来ました。

マリンゲート塩釜施設ご紹介

【住所】宮城県塩竈市港町一丁目4-1

【電話】022-361-1500

【アクセス】JR仙石線利用の場合(仙台駅より約25分)本塩釜駅より徒歩約10分

すし哲からは徒歩15分くらいでした。

【駐車場】大型車25台、普通車108台
【一般車:100円/1時間・大型車(観光バス):無料】
買い物・飲食された方へは駐車時間割引サービス有

施設内には飲食店やお土産ショップも充実しています。

マリンゲート塩釜港しこホームページはこちら

遊覧船のWEB予約はこちらがオススメ

塩竈観光で外せないのは鹽竈神社・志波彦神社

私的イチオシの神社です。ここに行きたくて松島で船を下りずに塩竈に戻ってきました。

こどものころ七五三に来た思い出がよみがえります。

みなと祭が終わって落ちつた雰囲気の神社境内で癒されます。

みなと祭で使用された船が塩竈マリンゲートの向かいの港に停泊していました。

sendai (6)

表参道から参拝すると階段を上らないといけないので、裏から向かいました。

jinnja

鹽竈神社・志波彦神社アクセス方法

【住所】宮城県塩竈市一森山1-1

【電話】022-367-1611

【アクセス】JR仙石線本塩釜駅から
表参道(表坂)の石鳥居まで徒歩15分
東参道(裏坂)の石鳥居まで徒歩7分
社務所前までタクシーで5分。徒歩で約15分。

【駐車場】300台収容
境内の東側から北側にかけて参拝者専用の無料駐車場が4か所
(第1・第2・第3・バス)があります。

【開門時間】午前5:00~午後8:00

今回はマリンゲートからタクシーで行きました。

鹽竈神社・志波彦神社公式ホームページはこちら

ディナーは海鮮三昧「天海のろばた」で豪快漁師めし

仙台に戻り、駅前のホテルに宿泊だったのでチェックインをしました。

少し部屋で休んだら、夜の居酒屋に向かいます。

sendai (10)

行ったのは「天海のろばた」本店。

豪快なお刺身が大迫力です。

sendai (11)

本マグロのトロが絶品でした。うどんのように太いイカそうめんも新鮮でこりこり。魚がおいしいとお酒も進みます。

ホタテ大好物です。肉厚でおいしいです。しかも1つ300円は安い!

sendai (12)

ホテルでもらったクーポンを提示したら、エイヒレとサケトバをサービルしていただきました。

仙台のマヨネーズってなめらかで美味しいんですよ。

何を頼んでもおいしい居酒屋!というか仙台がおいしいもの多すぎです。

IMG_0502

天海のろばた店舗情報

【店名】 天海のろばた 本店

【住所】宮城県仙台市青葉区中央1-6-1Herb SENDAIビル6F

【アクセス 】仙台駅徒歩3分(アエル向かい6F)

【電話】050-5828-8113

【営業時間 】月~日、祝日、祝前日: 17:00~翌0:00 (料理L.O. 22:50 ドリンクL.O. 22:50)

【定休日】 なし

天海のろばた公式ホームページ

〆のラーメンに「仙台っこラーメン」

sendai (13)

飲んだ後はラーメンですよね(笑)

仙台っこラーメンで〆のラーメンを頂きました。

濃厚なスープのとんこつ醤油。私は味濃いめ麺カタが好きです。

テーブルにある辛みをトッピングすると味がぐっと締まります。

「一度でまだまだ。二度目で納得。三度食べたらやみつきだ。」

・・・その通りだと思います。

らーめん堂仙台っ子店舗情報

【店舗名】らーめん堂仙台っ子 仙台駅前店

【住所】 仙台市青葉区中央1丁目8-38AKビル1階

【TEL 】022-221-7786

【営業時間】 AM11:00 ~ AM2:00

【定休日 】無休

【駐車場】 無

【席数】 29席

【アクセス】仙台駅徒歩3分 ペデストリアンデッキ直結のケンタッキーフライドチキンの下です。

らーめん堂仙台っ子の公式ホームページはこちら

私が利用した旅行パッケージツアーと料金

今回私が利用したのは日本旅行の「赤い風船」というパッケージツアーです。

新幹線往復とホテル(朝食付き)16,400円(1名)でした。

日曜・月曜で旅行プランを組んだので安く旅行できちゃいました。

宿泊したホテルは「ホテル モンテ エルマーナ仙台」

仙台駅徒歩5分という立地のいいホテルです。

ビジネスホテルといった感じで、部屋は広くはありませんが施設も充実していて、駅前にも近いので大満足です。

大浴場もついているので、旅の疲れを癒せます。

朝は朝食バイキングでしたが、仙台のご当地グルメ「しそ味噌」が出ていたのがうれしかったです。

ホテル モンテ エルマーナ仙台ホテル概要

【住所】宮城県仙台市青葉区花京院一丁目2番15号

【電話】022-721-7501

【アクセス】仙台駅から徒歩3分

ホテルモンテエルマーナ仙台公式ホームページはこちら

まとめ

仙台旅行記1日目についてご紹介しました。

長文記事読んでいただきありがとうございます。

1日目は海&魚介類メインという感じの旅になりました。

2日目は仙台の市内観光やお肉情報をお伝えしたいと思います。

↓二日目の旅行記はこちら

【宮城仙台旅行記】一泊二日の観光グルメ満喫プラン絶品海鮮&焼肉旅②

仙台に関連する記事

【仙台七夕まつり2016】豪華な笹飾りみどころ・日程・会場徹底ガイド

仙台七夕花火祭2016!16000発の花火鑑賞穴場スポット

人に話したくなる最新記事はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です