花火大会場所取りマナーと必需品!必要なアイテムとコツまとめ

スポンサーリンク

夏本番花火!毎週末花火大会が開催されていますね。

人気の花火大会では、場所取りがなかなか大変です。良い場所で鑑賞するためにみんな朝早くから場所取りしていますよね。

せっかくの花火ベストポジションで鑑賞したい!!

はじめての場所取りにでも、失敗しないために場所取りのマナーや必要な持ち物、場所取りのコツをご紹介します。

花火大会当日場所取りに必要な持ち物

まず、場所取りの準備から!

花火大会当日、場所取りに必要なアイテムを事前に準備しておきましょう。

ビニールシート・レジャーシート

定番はブルーシートです。ただ薄くてお尻が痛くなるので厚みのあるレジャーシートもオススメです。

杭・ガムテープ

風でシートが飛ばないように固定するために必要です。

河原などで開催する花火大会が落ちている石などを重しにしている方も多いですね。

折りたたみのイスやテーブル

地面に直接長時間座っているとお尻が痛くなります。

あるととても便利です。重し代わりにもなります。浴衣で花火鑑賞の時も着くずれ防止になります。

虫よけスプレー

花火大会は河原や海沿いなど水辺で鑑賞することも多いです。蚊が多い場所ではミス除けスプレーは必須アイテムです。

雨晴兼用折りたたみ傘

夏場はゲリラ豪雨で急に雨が降ったりすることもあります。

また晴れても日中は日差しでとても暑いので、日傘にもなる雨晴兼用の折りたたみはあるととても便利です。

ゴミ袋

100均などで行っている複数枚入っている大き目のゴミ袋(ポリ袋)は何かと便利。

屋台で食べた容器や、飲んだ飲み物をのごみをまとめておけたり、帰りにシートをかたずける時も畳んでポリ袋に入れればOKです。

ウエットシート

場所取り中はや花火鑑賞中は何かと手が汚れます。ウエットシートは万能なので用意しておくことをオススメします。

熱中症対策グッズ

その他にも場所取り中の熱中症対策にあったほうが良いグッズを紹介します。

  • 冷たい飲み物(スポーツドリンクなど)
  • 冷却グッズ
  • 日傘
  • タオル

浴衣の方は補正するタオルの中に保冷剤を入れておくのも効果的ですよ。

花火大会場所取りのコツ

準備が終わったら、花火大会当日場所取りです。

良い場所を確保できる場所取りのコツをご紹介します。

ポイントは3つです。

事前に情報をネットで調べる

行く花火大会が決まったらまずは情報収取です。ネット上に多くの情報が公開されています。まずは打ち上げ場所をチェック。

花火のオススメスポットや穴場スポットなどの情報を活用しましょう。

気になった場所はグーグルアースなどで実際の場所と打ち上げ場所との位置関係を確認しておくと失敗が少ないです。

3か所くらい当日の候補地を選んでおくといいでしょう。

事前に観賞場所を調べるときは観賞場所付近のコンビニやトイレの位置も確認しておくと当日トラブルも少ないです。

当日は風向きと天気をチェック

当日の詳細天気予報をチェックします。

晴れていても急な夕立があったりと夏の天気は変わりやすいです。

また、風向きは花火が綺麗に鑑賞するためにとても重要です。

花火より風下になってしまうと花火の煙でせっかくの花火が隠れてしまいます。

場所取りの時間は早めに

一般的に花火の場所取り時間のピークは打ち上げ時間の3時間前以降です。

人気花火大会は朝から場所取りする人も多くいます。

出来るだけ早い時間に場所取りをするのが成功の秘訣です。

可能なら朝~午前中がベストです。

(花火大会によっては場所取りの開始時間が決まっている場合もあります。)

花火大会場所取りマナー

場所取りするのマナーですが、花火大会によってきまりがある場合もあります。事前に行こうと思っている花火大会の公式ホームページを確認することをオススメします。

場所取りでの基本的なマナーは周りに迷惑をかけないということ。

スペースを取りすぎない

人数に見合ったシートで場所取りしましょう。

特に混み合う人気の花火大会で少人数で大きなスペースの利用はとても迷惑です。人数に見合ったスペースを確保するようにしましょう。

徹夜での場所取りはマナー違反

場所取りに制限を設けていない花火大会でも徹夜での場所取りはマナー違反です。また前日からシートを広げての場所取りも禁止されていることが多いです。

花火大会の場所取りは当日に行いましょう。

ごみはゴミ箱へ

花火鑑賞中・場所取り中に出たごみは所定のゴミ捨て場にきちんと処分しましょう。

ポイ捨てや近所のコンビニで捨てるなどはマナー違反です。

場所取りの注意点

場所取りは2人以上でしましょう。

シートだけ置いておくと、人がいない間に、シートごと消えてしまっていた。というショッキングな事態も発生しているようです。

場所取りは2人組以上で行いましょう。そして誰かしらシートを見ているようにしましょう。

まとめ

せっかくの花火大会、特等席から花火を鑑賞したいですよね。

場所取りに失敗しないために、花火大会場所取りのコツ、マナー、必要なアイテムをまとめました。

花火大会当日、綺麗な花火を満喫してくださいね!

人に話したくなる最新記事はこちら

関連記事

2016年8月夏まつり&花火大会開催日スケジュールまとめ

【お祭り・花火大会】に持っていくと便利なアイテム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です