新着エントリー

調布“秋”花火2017最新オススメスポット

スポンサーリンク

映画のまち調布”夏”花火大会は今年で35回目!映画のまちならではの音楽と花火のコラボレーション「ハナビリュージョン」は圧巻。映画音楽とともにリズミカルに花火が夜空に打ち上がります。

今年から秋に開催!生まれ変わった調布の花火!今回はこの「第35回調布花火大会」についてオススメ鑑賞スポットや開催概要の最新情報をまとめます。

開催概要

【日時】2017年10月28日(土)17:30~18:30(打ち上げ時間)
荒天の場合は中止

【会場】多摩川河川敷(二ヶ領上河原堰付近中洲)

【打ち上げ数】8,000発

【昨年の人出】38万人

【駐車場】なし

【車両規制】会場周辺は車両通行止めになります。

会場アクセス

多摩川会場

京王相模原線京王多摩川駅徒歩10分/京王線調布駅徒歩20分

打ち上げ場所から少し離れているので、布田会場よりは混まないです。しかし駅から徒歩10分と近いので、かなりの人出が見込まれます。

布田会場

京王線布田駅徒歩20分/調布駅徒歩25分

毎年一番の人出がある会場。花火が間近で見ることが出来るので、場所取りの難易度は高めです。

有料観覧席情報

8月ごろからチケットぴあで一般発売されます。

ゆったり花火を鑑賞したい方には有料観覧席がオススメですのでチェックしてみてくださいね。2000円からと意外とリーズナブルに購入できますよ。

以下、席の種類は2016年のものです。今年の情報は準備中ですので、下記参考にしてみてください。

布田会場・多摩川会場には指定席の有料観覧席が設置され、電通大グランド会場は自由席の有料観覧席が設置されます。

布田会場

土手上テーブルS席 20,000円(4人席)
土手上布田イスS席 4,000円(1人)

土手下テーブルA席 18,000円(4人席)
土手下ペアイス席 8,000円(2人)
土手下布田イスA席 3,000円(1人)
土手下シート 10,000円(4人)
土手下布田升席 45,000円(10人まで)

京王多摩川会場

多摩川イスS席 3,000円(1人)
多摩川イスA席 2,500円(1人)
多摩川升席 40,000円(10人まで)

電通グランド会場

映画のまち調布シート 2,000円(1人)

会場内自由にシートをひいて鑑賞できます。映画のまち調布シート(90cm×90cm)が1枚プレゼント。シートを持っていかなくてもいいのが楽チンですね。

みどころ

大玉を中心にした大スターマインやキャラクター花火など多彩なプログラムが毎年楽しみな調布の花火。一番の見どころは、音楽×花火の「ハナビリュージョン」です。

60分間という短い花火大会の時間の中で途切れることなく上がり続ける花火はさすが映画のまち!とても芸術的です。

屋台情報

屋台は調布駅国領駅の駅前、そして花火会場の河原沿いにたくさん出店されます。特に布田会場・多摩川会場・電通大グランドどの会場にもたくさんの屋台が出ます。

夕方~20時くらいまで出店しています。花火当日はちょっと早めに会場に到着して場所取り&屋台グルメを楽しむのがオススメです。

混雑状況

毎年最寄駅から会場までの道は人であふれます。特に住宅地など細い道が会場までの経路となっているので、当日は早めに会場に向かいましょう。メイン会場の場所取りも自由観覧エリアは昼ごろにはほとんどが埋まります。

待ち合わせスポットになっている布田駅前や国領駅前は夕方くらいになるとすごい人なので、夕方待ち合わせる場合は多摩川会場に近い多摩川駅またはちょっとだけ遠くなりますが、調布駅を利用すると待ち合わせがスムーズです。

ちなみに私が初めて調布の花火大会に行った際は18時半に布田駅待ち合わせ、会場にたどり着くことが出来なかった思い出があります。何事も早めの行動が大事ですね。

穴場スポット

ちょっと離れていて音楽が聞こえないので花火だけ楽しめればOKという方にオススメの混雑が少ない穴場スポットをご紹介します。

川崎市側の土手

南武線の稲田堤駅や中野島駅から徒歩10分程度で会場の向い側の河川敷に出られます。レジャーシートでの場所取りが禁止されているので、朝から場所取りに行かなくても割と場所取りしやすいです。

打ち上げ場所からも近いので花火が綺麗に見えます。ここなら割とハナビリュージョンも楽しめます。ただ、穴場として有名なので夕方には人でいっぱいになります。

稲田公園

稲田堤駅から徒歩8分の広い公園。場所にゆとりがあるのでゆっくり鑑賞できます。

下布田公園&上布田公園

布田会場近くの公園でそれほど混んでいません。トイレがあるのがうれしいです。

みはらし緑地

東京都稲城市若葉台にある市立の公園です。

会場から離れているので車で行くのもオススメです。

電車だと小田急多摩川線のはるひ野駅から徒歩20分くらいかかります。小高い丘になっていて、東京の夜景と花火がとてもきれいに見えます。

まとめ

調布の夏の風物詩「調布花火大会2017」についてオススメスポットや屋台情報などまとめました。河川敷での開催なので、虫よけ対策必須です。

浴衣の方も多く昼から会場周辺はお祭りムード全開です。多摩川の雄大な自然を眺めながら、屋台グルメを堪能し、華やかな花火を楽しめる東京屈指の花火大会。準備万端で楽しみましょう♪

今年から秋花火ということもあって、浴衣でも暑くなく鑑賞できそうですね。かき氷はちょっと寒いでしょうけど、秋の味覚と一緒に花火を楽しんでみてはいかがでしょうか!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

人に話したくなる最新記事はコチラ

【お祭り・花火大会】に持っていくと便利なアイテム

【ゆかたに似合う髪型】超かわいい自分でできる「くるりんぱ」のアレンジ

【ゆかたに似合う髪型】ショートボブでも簡単くるりんぱでアップスタイル

ゆかたを綺麗に着こなすために最低限必要なアイテムとコツ【浴衣の基本】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です