50周年で盛り上がる「葛飾納涼花火大会」2016見どころスポットまとめ

スポンサーリンク

夏の夜空を彩る花火の季節がもうすぐですね。江戸川河川敷で行われる東京屈指の花火大会「第50回葛飾納涼花火大会」

今年は記念すべき50回ということで例年より10分延長&打ち上げ数も多いです。

今回は来月開催される葛飾納涼花火大会の日程・開催概要・オススメ見どころスポットをまとめました。

大会概要

日時 平成28年7月26日(火)午後7時20分から午後8時30分

荒天の場合は翌日に順延、翌日も荒天の場合は中止

会場 葛飾区柴又野球場(江戸川河川敷)

打ち上げ玉数 約15,000発

有料席 平成28年5月21日(土曜日)午前10時から平成28年7月26日(火曜日)正午までを予定。
※売切れ次第終了となります。

  • 2名席1マス 7,000円 設置数1,107マス
  • 4名席1マス 10,000円 設置数361マス
  • 6名席1マス 12,000円 設置数58マス

購入はチケットぴあで可能です。

有料席は完売しました。

アクセス
柴又駅から徒歩15分

来場者数(予想) 60万人

駐車場なし

見どころ

今年は50周年で15000発もの花火が上がります。

臨場感ある近い位置で花火を鑑賞できるのがポイントです。さまざまな種類が次々と打ち上げられ独創的な花火で楽しませてくれる花火大会です。

コンピューター制御で次から次へと打ち上げられるデジタルスターマインは必見です。

花火大会当日は柴又の駅から大会会場までたくさんの人でにぎわいます。下町風情あふれる屋台・町並みも見どころといえます。

オススメ鑑賞スポット

江戸川河川敷

メイン会場です。花火大会を楽しみたいなら、人は混みますが、メイン会場が一番お勧めです。ほかの花火大会に比べてメイン会場が広いので、混雑しても割と花火を鑑賞できます。
柴又駅から徒歩15分(大会当日は人が多く会場まで1時間くらいかかります)

新葛飾橋

花火だけをしっかり楽しみたい方にオススメです。ゆっくり花火を正面に鑑賞できます。
金町駅から徒歩15分

千葉県松戸側江戸川河川敷

江戸川河川敷の千葉県側です。打ち上げ場所の対岸で、場所取りしなくても座って鑑賞できます。屋台も出ていますので、人混みが嫌な方はこちらのほうがオススメです。矢切の渡し付近がオススメの観賞場所になります。
矢切駅から徒歩24分

東京スカイツリー展望デッキ

ちょっと遠目ですが、花火と同じ目線で鑑賞できます。人気のため早めに入場券を予約しておきましょう。

スカイツリー予約http://www.tokyo-skytree.jp/reservation/

 まとめ

いかがでしたでしょうか。

下町の風情あふれる「葛飾納涼花火大会」についてまとめました。

  • 今年は50周年で打ち上げ数&時間増量
  • オススメ会場はメイン会場
  • 柴又駅から会場まで混むと1時間かかる
  • 下町っぽさを堪能できる花火大会
  • 柴又駅から会場まで屋台が沢山出ています

私のオススメはメイン会場!せっかく行くのなら下町屋台グルメと江戸風情を感じたいです。人は混みますが、混みすぎて花火が見えないほどではないです。

当日会場まで思った以上に時間がかかるので、早めに行動しましょう。平日ということもあって仕事帰りに足を運ぶ方も多いので夕方の時間は特に混みあいます。可能なら早めに会場へ足を運ぶことをオススメします。

ゆっくり鑑賞したい方は松戸側の河川敷がオススメですよ。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

追記 

本日(平成28年7月26日)の第50回葛飾納涼花火大会は、予定通り実施いたします。

※不測の事態が発生した場合は中止することがあります。

皆様お誘い合わせのうえ、お越しください。

参照:http://www.city.katsushika.lg.jp/tourism/1000065/1011377.html

ということで本日予定通り開催という情報が葛飾区のホームページに発表がありました。

人に話したくなる最新記事はコチラ

あなたにオススメのお祭り・イベント記事はコチラ

【お祭り・花火大会】に持っていくと便利なアイテム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です