新着エントリー

つけっぱなしがお得!夏のエアコン設定で電気代節約テクニック

スポンサーリンク

毎日暑くてエアコンなしでは過ごせない時期がやってきましたね。

エアコンをつけると電気代が気になるこの季節、しかも、電気代は年々値上がりで家計が苦しくなる一方。実はエアコンをつけっぱなしにしていたほうが電気代が安くなることが多いって知ってましたか?

今回はエアコンの使い方一つで夏の電気代を節約するお役立ち情報をご紹介します。

外出中でもつけっぱなしが基本

エアコンを人がいない間つけておくのが節約?と疑問に思う方も多いでしょう。ずっとつけっぱなしなんてもったいないって思いますよね。

でも実は、こまめにON・OFFするほうがもったいないんです。

エアコンは起動時に電力をたくさん消費します。また、暑くなってしまった部屋が冷えるまでフルパワーでエアコンが起動します。

冷えた部屋を常に冷やしておくのと、熱くなってしまった部屋を再度冷やすのとでは電力の消費が大きく違ってきます。

1日中つけっぱなしにしておくのと、こまめにつけたり消したりしているのだと、1日あたり2000~3000円位電気代が違ってくることがあるといわれています。

1.2時間の外出ならつけっぱなしが断然お得です。

設定温度は28度自動運転がお得

エアコンの運転は自動運転が一番お得です。なぜなら、エアコンが室内の温度を感知して一番いい方法で設定温度を維持してくれるからです。

節約のためといって最初から微風で運転してしまうと、室内がいつまでも暑いままで、しかもだらだらと時間がかかってしまうので、電力の消費が多くなってしまいます。

一気に冷やして後はキープというのが一番節約できる方法です。

設定温度は28度というのは環境庁が推奨している数値です。暑いと感じる場合は無理をせず、26.27度くらいに設定しましょう。28度だとエアコンをかけていても外が猛暑だと暑く感じることがあります。外出する時などに28度にしておくとよいでしょう。

こまめにフィルターを掃除する

2週間に1回はフィルターを掃除しましょう。

空気の吸い込みがよくなることでエアコンの循環も良くなります。

またエアコン周りに家具を置いたりするとせっかく循環する空気が止まっちゃいます。エアコン吹き出し口には家具などを置かないようにしましょう。

カーテンを閉める

エアコンの大敵なのが外からの熱。日中でもエアコンを使用しているときはカーテンを閉めることで外の熱を遮断するのがオススメです。

夜はタイマーにしておく

夜の間ずっとつけている人も多いようですが、朝方にかけて外も涼しくなってくるので、タイマーでいったんえあこんを切るか、エアコンの設定温度を上げてから就寝すると節約になります。

ドライにする

人は湿度が高いと体感温度が高くなります。除湿することで涼しく感じられるので、設定温度を下げず除湿にするようにしましょう。

室外機を日陰にする

吹き出し口はしっかりと確保したうえで、室外機を日陰にすると5~10%の節約になるといわれています。

緑やすだれなどで日陰を作ってみてはいかがでしょうか。

サーキュレーターと併用する

涼しい空気を循環させるうえでサーキュレーターがあると便利です。

エアコンと対角線上に置くと効果が一番あります。部屋の中の空気を循環させることでエアコンのパワーを使わず冷えるので節約になります。
[ad#co-1]

まとめ

エアコン節約術をご紹介しました。

暑い夏、エアコンを我慢して熱中症になったり、夏バテしてしまうと大変です。エアコンを上手に使って、お得に夏の暑さを乗り切りましょう。

人に話したくなる最新記事はコチラ

あなたにオススメの生活お役立ち記事はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です