新着エントリー

秘書技能検定とは?資格取得情報

スポンサーリンク

秘書検定とは

秘書に必要とされる資質状況に応じた対応ビジネスの一般知識とマナー技能そして人柄を試験の基準とした資格試験です

ビジネスではイレギュラーなことが起こるのは日常茶飯事その際のスマートな秘書の対応様々な人と関わる中での人なりを育成することことを目的とした資格試験です

種類

1級準1級2級3級の4段階に分かれています2級3級は筆記テストのみ1級と準1級は筆記テストに加えて面談試験があります

試験資格受験科目申し込み方法

全ての級の筆記試験において理論と実技に関する問題が出題され合格基準はそれぞれの項目において60%以上です

理論求められる資質職務知識一般知識実技マナー接遇技能準1級2級3級は選択式のマークテスト

1級はすべて記述式となりますインターネット申し込み書店申し込み郵送申し込みより申込み可能です

試験に関する詳しい情報は「公益財団法人実務技能検定協会」にてご確認ください。

合格率難易度

平成28年11月の試験での合格率は

1級32.7%
準1級34.1%
2級53.7%
3級61.0%

難易度は2級3級はそれほど高くなく準1級1級になると専門性がかなり求められるため実務がないと合格は難しい可能性がある

試験勉強

私は2級まで持っていますが2級までの受験でしたら公式の問題集を何度も繰り返し復習することで合格が可能だと思います

勉強時間に費やした時間は1か月前から週に1,2日数時間勉強をしていました

試験1週間前には毎日テキストを復習してほぼ暗記をしていたと思います準1級以降は面接があるため実務をされている方の方が有利に感じました

実際2級で外資系秘書の仕事をしていましたがテキストで覚えたことはまるっきり忘れており日系企業に求められる資質と外資系では違うのだろうと思います

こちらの資格は伝統的な日本企業で働く秘書の方により焦点が当たっているように思います

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です