食事量を減らしてひたすら脳を使うダイエット

スポンサーリンク

悩み・美容・ダイエットに関する情報は使用した方の使用感やポイントを参考にしたいものですよね。

実際に使用した経験のある方や実践をした方から頂いた情報を元に記事としてご紹介して行きたいと思います。

では宜しくお願いします。

おすすめダイエット方法

食事量を減らしてひたすら脳を使うダイエット

ダイエット方法

私が高校1年生〜3年生にかけてダイエットをしました。

方法は、食べたい時に食べる生活をやめて食事量を減らしたこと。

朝ごはんは茶碗一杯のご飯とおかず、お昼ごはんは小さな弁当箱に母の弁当(とくに野菜がいっぱいというわけではなく、ウィンナー卵焼きごはんも入ったごく普通の弁当でした)、夜は豆乳クッキーと1リットルの紙パックのお茶でした。

運動は、授業の体育と学校の行き帰りの通学路のみでした。

この通学路というのが、駅から学校まで20分の坂道。暑かろうが雨だろうが寒かろうが毎日昇り降りをしていました。

高校生の頃は勉強に燃えていたので、学校帰りは塾に直行。学校のサブバッグに豆乳クッキーを忍ばせて、コンビニで買ったお茶と共に夜食べるという晩御飯でした。

2〜3時間でお茶を1リットル飲むのもお腹をふくらませるポイントでした。

塾から帰宅すると22時すぎだったので、何もたべることなく我慢していました。

ダイエット期間

高校1年生〜3年生の3年間

実際に落としたキロ数

80キロ→60キロの20キロ

苦労した点・良かった点

苦労した点は、家族が大食い&食べることが大好きだったこですね。

1つ下で野球部だった弟はいつも腹ペコ。だから週末はいつも焼肉でした。

行ったら食べてしまうので、塾に逃げたり、行ってもご飯は一口とお肉は鶏肉だけ、キャベツはもりもり食べるようにしていました。

良かった点は、運動嫌いの私が特に運動することなく痩せたことですね。

学校の行き帰りはそれ以外の交通手段がなかったので、強制的に動くことになっていましたし。また、学校から塾へ直行ということで勉強せざるをえない状況で成績もアップ&ダイエットになり一石二鳥でしたね。

さいごに

投稿していただきありがとうございます。

ご紹介した内容は実際に使用した方や実践した方からの投稿を元に記事作成をしております。使用感や効果は個人の感想になりますのでご了承ください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です