新着エントリー

管理業務主任者の資格取得情報

スポンサーリンク

管理業務主任者とは

マンションには管理規約というルールがありますこの管理規約を守り実行するためにマンションの所有者が中心となり管理組合組織されています

この管理組合がマンションの運営を上手に出来るように様々な点からサポートやアドバイスを行うマンション管理業者というものがあります

管理業務主任者はマンション管理業者が管理組合に対して行う重要事項の説明や管理業務報告について必要不可欠な国家資格です

種類

管理業務主任者は不動産系資格の御三家と言われています他には宅地建物取引士マンション管理士がありますが特にマンション管理士は試験範囲が近いためにダブル受験をする人も少なくありません

試験資格受験科目申し込み方法

例年は8月から願書が配布され、配布先はホームページで確認できます。

インターネットでダウンロードも可能です

9月が受験の申し込み期間となり試験は12月の1週目の日曜日に行われます

平成28年度 (願書配布)8月1日9月30日 (申し込み受付)9月1日9月30日 (試験)12月4日試験科目は区分所有法や標準管理規約などのマンションにかかわる法令を中心出題されます

合格率難易度

合格率は20%程度です。

例年50満点中の35点前後が合格ラインなっています。

相対評価なので点数が低くても全体の上位20%程度に入れば合格できる試験です

難易度は宅地建物取引士と同じくらいもしくは若干簡単な程度です比較的狙いやすい資格とされています

試験勉強

独学で目指せる資格です。私も以下のテキストと問題集で合格できました

・TAC 管理業務主任者 基本テキスト 

TAC 管理業務主任者 過去7年問題集 

TAC 管理業務主任者 

直前模試ただしこの資格を受ける受験者の特徴なのですが宅地建物取引士既に持っている人が多いです私も持っていましたこれでとても厄介な民法の学習を大幅に短縮出来ます

宅地取引士を持っていなく民法の学習をされたことが無い人は予備校を活用された方がスムーズかもしれません

勉強はとにかく暗記です

過去問を繰り返し解きながら重要なポイントを一生懸命覚えるというものです

私の場合9月から学習を開始して3か月間の勉強で合格できました

宅地建物取引士よりも過去問を解くことが素直に点数に直結する資格なので勉強時間を確保出来れば合格できる資格です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です