新着エントリー

作業療法士資格の取り方と国家試験について

スポンサーリンク

作業療法士資格とは

作業療法とは作業を通して健康と幸福な生活の推進にかかわる職業です

作業療法の主目標は人々が日々の生活の営みに参加できるようにすることです作業療法士はこうした成果を達成するために人々が自らの参加能力の向上をもたらすような事柄に取り組めるようにしたり参加をよりよく支援するための環境整備を行ったりします

一般社団法人日本作業療法士協会2種類名称独占資格という種類です

試験について

試験科目及び試験方法

(1)筆記試験一般問題及び実地問題に区分して次の科目について行うただし重度視力障害者(両眼の矯正視力の和が0.04以下又は両眼による視野が10度以内でかつ両眼による視野について能率による損失率が95%以上の)に対しては実地問題については行わない

また重度視力障害者に対しては点字試験問題の読み上げ又はその併用による受験を認める弱視者(良い方の矯正視力が0.15以下又は両眼による視野について能率による損失率が90%以上の)に対しては弱視用試験による受験を認める

ア一般問題解剖学生理学運動学病理学概論臨床心理学リハビリテーション医学(リハビリテーション概論を含む)、臨床医学大要(人間発達学を含む)及び作業療法イ実地問題運動学臨床心理学リハビリテーション医学臨床医学大要(人間発達学を含む)及び作業療法

(2)口述試験及び実技試験重度視力障害者に対して筆記試験の実地問題に代えて次の科目について行う

運動学臨床心理学リハビリテーション医学臨床医学大要(人間発達学を含む)及び作業療法

受験資格

(1)学校教育法(昭和22年法律26号)90条1項の規定により大学に入学することができる(12条1号の規定により文部科学大臣の指定した学校が大学である場合において当該大学が学校教育法90条2項の規定により当該大学に入学させた又は法附則6項の規定により学校教育法90条1項の規定により大学に入学することができる者とみなされる者を含む)

であって文部科学省令厚生労働省令で定める基準に適合するものとして文部科学大臣が指定した学校又は都道府県知事が指定した作業療法士養成施設において3年以上作業療法士として必要な知識及び技能を修得したもの(平成29年3月21日(火曜日)までに修業し又は卒業する見込みの者を含む)(2)外国の作業療法に関する学校若しくは養成施設を卒業し又は外国で作業療法士の免許に相当する免許を得た者であって厚生労働大臣が(1)掲げる者と同等以上の知識及び技能を有すると認定したもの詳細はこちらへ

(3)法施行の(昭和40年8月28日)現に文部大臣又は厚生大臣が指定した学校又は施設において作業療法士となるのに必要な知識及び技能を修業中であって法施行後に当該学校又は施設を卒業した5受験手続

(1)試験を受けようとする者は次の書類等を提出することアすべての受験者が提出する書類等()受験願書理学療法士及び作業療法士法施行規則(昭和40年厚生省令47号以下規則いう)様式5号により作成するとともに受験願書に記載する氏名は戸籍(中長期在留者については在留カード又は住民票特別永住者については特別永住者証明書又は住民票短期在留者については旅券その他の身分を証する書類)記載されている文字を使用すること

なお弱視用試験点字試験試験問題の読み上げ又は点字試験と試験問題の読み上げの併用を希望する者は受験願書の右上に弱視用試験希望点字試験希望読み上げ希望又は点字試験と読み上げ希望朱書きで記載すること

()写真出願前6月以内に脱帽正面で撮影した縦6センチメ-トル横4センチメ-トルのものでその裏面に撮影年月日及び氏名を記載し厚生労働省又は作業療法士国家試験臨時事務所において交付する受験写真用台紙に貼り付けた同台紙に所定の事項を記載して提出すること

なお写真の提出に当たっては卒業し若しくは在籍している学校若しくは養成施設又は作業療法士国家試験臨時事務所においてその写真が受験者本人と相違ない旨の確認を受けること

作業療法士国家試験臨時事務所において個人番号カードで本人確認を受ける際は郵送ではなく窓口への持参のみ提示が可能である留意すること

()返信用封筒縦23.5センチメートル横12センチメートルのもので表面に郵便番号及び宛先を記載し522円の郵便切手を貼り付け書留の表示をすること

イ4の(1)又は(3)該当する者が提出する書類修業証明書若しくは修業見込証明書又は卒業証明書若しくは卒業見込証明書ウ4の(2)該当する者が提出する書類作業療法士国家試験受験資格認定書の写し(作業療法士国家試験臨時事務所に当該認定書の原本を提示し原本照合を受けたもの)

なお4の(1)又は(3)該当する者であって修業見込証明書又は卒業見込証明書を提出したものにあっては平成29年3月21日(火曜日)午後5時までに修業証明書又は卒業証明書を提出すること

当該期日までに提出がなされないときは当該受験は原則として無効とする

イ受験に関する書類を郵送する場合の提出先は

作業療法士国家試験臨時事務所(東京都中央区日本橋1丁目20番5号郵便番号103-0027)する

ただし下記に掲げる事務所においては受験に関する書類を直接持参する場合についてその提出を受け付けることとする

北海道パソナ札幌宮城県パソナ仙台東京都パソナ愛知県パソナ名駅大阪府パソナ大阪広島県パソナ広島香川県パソナ高松福岡県パソナ福岡沖縄県人材派遣センターオキナワ

エ受験に関する書類を直接持参する場合の受付時間はアの期間中毎日(土曜日日曜日その他の行政機関の休日を除く)午前9時から午後5時までとするオ受験に関する書類を郵送する場合は書留郵便をもって送付すること

この場合平成29年1月5日(木曜日)までの消印のあるものに限り受け付けるカ受験に関する書類を受理した後は受験に関する書類の返還及び受験地の変更は認めない(3)受験手数料ア受験手数料は10,100円と受験手数料の額に相当する収入印紙を受験願書に貼ることにより納付すること

この場合収入印紙は消印しないことイ受験に関する書類を受理した後は受験手数料は返還しない

(4)受験票の交付受験票は郵送により交付する(平成29年1月下旬発送予定)。なお平成29年2月13日(月曜日)までに受験票が到着しない場合は作業療法士国家試験臨時事務所に問い合わせること

合格率難易度

作業療法士国家試験の合格率は70~80%比較的高い水準になっていますので難易度自体はそこまで高くありません

平成27年度の合格率は87.6%です

しかし近年では国家試験の内容が大きく変わることも多く過去問があまり意味を成さないことも増えてきましたので過去問を覚えるだけでは勉強が不十分になりつつあります

試験勉強

作業療法士の国家試験対策の授業が始まりまずは基礎からやり直していきました

基礎がわからないと応用問題がほとんど解けなくなってしまうからです

基礎を覚えながら解剖学生理学運動学などの過去問を解いていきますただ過去問を解くだけでなく何故これが正解なのか他の答えは何故間違いなのかという事をしっかりと理解しながら解いていく必要があります

友達や先生に説明できるように理解することで他の問題も関連付けて覚えていく事ができます

国家試験対策の授業が始まったのは国家試験の4か月程前からだったと思いますなので大体3~4か月9時間程度の勉強で私は受かる事ができました

国家試験の勉強のコツは受かるために暗記するのではなく理解するために読み解いていく事だと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です